ENTRY

社員インタビュー

Interview

森 風花

森 風花Mori Fuka

本社営業部 営業1課

営業事務職

2012年新卒入社

現在の仕事内容を教えてください

営業のサポート役として、受注・発注処理、納期管理、見積書作成、電話応対、各種問い合わせへ対応などをしています。配属先にもよりますが、私は多種多様なお客様を担当しているため、それぞれのお客様から様々な依頼を頂きます。自身で解決できることは解決し、営業マンの力が必要なことは素早くポイントを伝えて共に解決に取り組んでいます。
営業マンと協力し、お客様の困り事を1つでも多く、少しでも早く解決することが仕事です。また、当社では各アシスタントが担当する営業が決まっており、営業とも自然にコミュニケーションが取れる良い環境だと思います。

仕事のやりがいは?

やはり、一番はお客様に「ありがとう」と言われることです。ただ、お客様の要求全てに応えられるわけではないため、メーカーと客先の間で板挟みになり商社としての役割の大変さを実感する面もあります。しかし営業マンと二人三脚で立ち回って問題を解決し、客先から感謝の言葉を頂けたときは、それまでの頑張りが認められたと感じとても嬉しくなります。また、何年も同じお客様を担当しているので、電話の際にちょっとした世間話ができたり、「うちの会社に顔を見せにいらっしゃい」と言っていただくこともあり、お客様と信頼関係を築いていけることも魅力の一つです。

仕事の中で印象に残っている出来事は?

当社は電子部品を主に販売しているのですが、私がアシスタント業務をしていることもあり、その部品が使われた完成品を実際に見る機会はほとんどありません。一度、ある客先へ訪問した際に完成品を見せていただくことがあったのですが、その時の説明で日本だけでなく海外でも使用されているということを知りました。自分がいつも売っている小さな部品が、組み立てられて世界中の人の役に立っていることに気付き、間接的ですが人々の暮らしに貢献できていることは誇らしいことだと思います。

これからの目標は?

目標は何事にも先手を打てるよう、自分から行動を起こせるようにすることです。お願いされたことに対応するのはあたりまえのこと。依頼される前に、どこまで先回り出来るかでその後の展開も変わってくると思います。後手に回っていると他の事もどんどん後手に回ってしまうため、遅れを取り戻すために多くのエネルギーが必要になります。その点、こちらが先手を取っていれば自分自身への負担が少なくなるだけでなく、お客様や周囲への対応が良くなるためミタチ産業という会社の評価UPにも繋がります。営業部門は会社の顔であるという意識を持って仕事にあたっていきます。

一日のスケジュールSchedule

AM

8:30
出社
9:00
メールチェック
10:00
受発注、納期調整  問い合わせへの対応
12:00
昼休憩

PM

13:00
受発注、納期調整  問い合わせへの対応
16:30
営業へ未解決案件の報告
17:00
資料作成 問い合わせへの対応
18:30
退社

就活生へのメッセージ

就職活動をしていると、「自分だけまだ内定が貰えていない!」という状況になることもあるかもしれません。しかし、人それぞれ自分に合う会社は違うものなので、焦らずじっくり自分にとって一番合う会社を見つけてもらいたいと思います。就職はゴールではなくスタート。これから先、1日の内で長い時間を会社で過ごすことになるので、就活で自分を偽ったり妥協したりするときっと後悔します。自分自身と業界や職種を研究し、「自分にとって一番」な会社と出会えるよう頑張ってください!